SNM麻雀同好会ルール
 
2013年3月1日改定
  項目 ルール 備考
1 持ち点 30,000点持ちの30,000点返し。  
     
2 東・南の半荘戦。例会、大会は別途定める(時間制)。   
       
3 リーチ (1)リーチ棒:1000点、アガリ取り。  
    (2)一発あり、裏ドラもあり、カンにより表ドラ、裏ドラも増える。  
    (3)最終局でリーチ棒が残った場合は出した人に返す。  
    (4)リーチ後の暗カンは待ちが変わらない限り可能とする。  
    (5)フリテン・リーチあり(宣言不要、ツモアガリのみ)  
     (リーチ後上りを見逃した場合、以後フリテン・リーチ扱い)  
4 ノーテン (1)ノーテン罰金:場3千点  
    (2)親ノーテンは流れ、南場最終局で親ノーテンは終局とする。  
       
5 チョンボ(1) (1)誤発声:空チー、空ポン、空カン、空リーチ。罰金千点を払っい、  
  罰金:千点    ゲームは継続し、当事者も上がることが出来る。  
    (2)誤発声(空ツモ、空ロン)で倒牌前であれば罰金千点を払い、ゲーム   
       は継続する。当事者も上がることが出来る。  
    (3)終局した時、場の罰金点は出した人に返す。  
       
6 チョンボ(2) (1)誤発声(空ツモ、空ロン)で倒牌した(誰が倒しても)場合  
  罰金:満貫 (2)アガリを宣言した者が、他家の確認を受ける前に手牌を崩してアガリ  
       が確認できなかった場合  
    (3)リーチ後、ロンをしたがフリテンであった場合  
    (4)流局して、空リーチであった場合(聴牌っていなかった)  
    満貫払いの罰金を課す。親・12000点、子・8000点  
     
7 アガリの制約 1翻しばり。但し、食いタン、後ヅケあり(アガった時に1翻ついていれば  
    よい)。食いピンフは無し。  
       
8 基本符は20符。面前ロンアガリは10符加符。  
    面前ピンフ・ツモの場合、ピンフ役を優先しツモ2符は付けない。  
    食いタンヤオ・ピンフでロンの時は30符とする。  
       
9 アガリ役 手役はホームページ参照  
    食い下がる(例:三色、チャンタ、一通、混一、清一など)  
    流し満貫:捨てた牌がすべて老頭牌(1・9・字牌でポン・チーされていない)で  
    流局した場合  
       
10 点数 親:20符6翻=7680(7700) 30符6翻=11520(11600)  
    子:20符6翻=5120(5200) 30符6翻=7680(7700)  
    8翻・9翻:1.5倍満(跳満)。   10翻・11翻・12翻:2倍満。  
    13翻以上:3倍満。  役満:4倍満(ダブル役満なし)  
       
11 役満の 責任払い=大三元の3組目、大四喜の4組目をポンもしくは明カンされた  
  責任払い  者は、ツモアガリされた時は全額を、ロンアガリされた時は放銃者と折半  
     で支払う。  
       
12 その他 (1)大明カンの責任払い(リンシャンカイホーでツモアガリした場合、槓を  
       させた者が払う)  
    (2)”食い替え”なし。 (3)形式テンパイあり。  
    (4)四風子連打は流れる。場に1本を積み、親は連荘する。  
       ポン・チーがないこと。 自分の番のとき、宣言出来る。  
    (6)2人当たり、3人当たりなし。上家優先アガリ  
    (7)連荘:積み棒一本あたり300点  
    (8)4人がリーチした時は流局。  
    (9)親連荘による二翻縛りは無し。連荘は4本まで。  
    (10)終局した時、場にリーチ棒あった時は出した人に返す。   
    (11)ルールに規定していない事象が生じたときはその時の会の世話人の  
       裁定に委ねる。  
       
基本ルール|点数の基本点数計算手役一覧余 談T O P